初日から楽しいテニス

#著者 テニス歴 60年以上 大会経験(ローカル)数回、優勝経験なし=楽しむだけで下手なんです!

初日から楽しめるのがテニスなんです、そしてラケットさえ持てれば幼稚園児から車いすのご老人まで出来ちゃうのがテニスなんです、そしてテニス、ゴルフはたしなめて当たり前、その上は乗馬やヨットなどが一流人の証ともされているんです。

私はテニスもゴルフもヨットもやりますしピアノもオルガンも弾きますが決してリッチではありません、そうです!スポーツや音楽はステイタスではなくて「一歩踏み出し」さえすれば誰にでも喜びを与えてくれるものです、ぜひチャレンジしてください

テニスを始めたのは小学校5年生の頃、教えてくれていたのはテニス経験のある生徒のお母さん、ラケットは木製、コートは仮設でネットのみ、うち損ずると校庭の端までボールを取りにいかなくてはならない状況下のテニスはじめでした。

テニス歴は長くても専門的にやったことはなく地域の友達と地域の大会に出たくらいの戦歴しかありませんがテニスを一言で言うと過酷なスポーツです、特にシングルゲームの体験者は私と同じ意見だと思います。

という訳でお年寄りには向きません!と言ってしまってはこのブログの意味がありませんので「お年寄りでも」「非力な人でも」「デブでも」「やせっぽち」でもみんな楽しめるのがテニスと申したいと思います。

どなたですか?あの線の内側に入れないとアウトなどと決めたのは?

ルールは試合の時だけでいいんですよね、とても取れない球を追っかけなくてもテニス、ラケットの真芯でとらえて気持ち良くなるのも、隅っこで打っちゃってアチコチ行っちゃってもテニス、少し汗をかいて気持ちいいのもテニスです。

と言っても隣のコートにしょっちゅう打ってもマナーに欠けるしコート外に打って毎回とりに行くのも大変だし恥ずかしいし・・・

でも大丈夫、自転車みたいなもので直にそこそこ思う方向に打てるようになるのがテニスです。だってあのでかい面でボールを打つだけだから。凄く楽しいよ、テニスって!

スクールの先生たちは他のスポーツと同様、基礎が大切と言いますが、自己流でもいいと思います、楽しみながら修正していけばいいと思いますねプロ目指したりオリンピックに出る訳じゃないんでね!

器用な人は初日からラリー(打ち合い)が出来たりゲームが出来たりするのがテニスですが奥も深くやって損はないスポーツだからお勧めです。

ゴルフのようにハンディをつけてもいいですね、ジージは2バウンドでもいいよ!なんてね。まだ孫には負けませんが孫とも出来るのがテニス。

初めてラケット持つ人、いやいや私、運動音痴だしという方にお勧めするのが壁打ち、自分で壁に向かって打ち返ってくる球をまた打つ、やってるうちにコツがわかります。大きい公園などにはよくある壁打ち、恥ずかしかったら早朝に行けばいいですね、防波堤の壁などもうまく利用すればボールの扱いがうまくなりますね。

習うと!スクールに行くと私の住む東京では週一レッスンで15.000前後ですね、私は一度もスクールには行っていませんが家内は過去に孫は今も通っています、確かにフォームはキレイですが!行かなくても楽しめますよ!余裕のある方は行くと確かにいいよ!

 初回、ラケットはレンタルで十分、靴は運動靴で大丈夫です、自分のラケットが欲しくなったら安いのもありますが2万円位はするものがいいと思います、打った時の感覚が違うんです、下手な私も自分に合うラケットとガットの張る強さにはこだわっていました。靴は靴底の目が細かいものがコートを傷めないしいいですね。コートの下地(人工芝とか土とかあるんです)にもよります、よくやるコートに向いた靴を買って下さい。

楽しく健康維持にもいい運動、欠かさずやりましょうね!ご同輩!我が家はラリー程度でしたら家族全員テニスは出来ます、現在孫はスクール、そのうち抜かされるでしょう、今はチョチョンとあしらえますが<笑>


 汗かいて、シャワー浴びて・・まではいいんだけど、その後ビール飲んじゃうから、お腹へこまないのかも!


 高級な時計、何らか思い出がありますね、テニスの時はしまっておきましょうね、ガシャ!したら大変!

© 2021 にこにこ亭・夕焼け小焼け Powered by AFFINGER5