夢実現情報サイト

左京日誌・・・人命救助、どこまでやるべきなのか?冷たいけど!

<寒波到来!レジャー登山は止めて、救援の手は住民の為に>

おはようございます、これから本格的な冬を迎え山や海で遭難など起こります。その度に起きるのが勇者たちの悲劇、過去には消防の訓練中にヘリが墜落した事故がありました、消防の人達は、病んでる人、怪我している人などを区別する事なく全て助けに行きます時には自分の命までかけて!いつも思うんです!危険情報を出している冬山に情報を無視して入り込んだ遭難者や危険な暴走をして単独事故を起こした人、こんな迷惑な人達にまで命をかけ救助に向かう必要はないと。消防隊員も大切なパパだったり、大切な子供だったりする訳ですので!冒険したい気持ちは判ります、でも他人に頼ってはいけないと思うんですよ!冬山や岩に登る人、高いところから飛び降りる人は事前に何が有っても救助はいりませんという書類を出して欲しいし出されているものは本当に救助しない。タンカーなどの転覆などで救助に向かう、これは仕方ないと思いますが!今日は海に出てはいけないと警報が出ているのにサーフィンしに出る、もし救助隊員が命を落としたらどうします!冒険は自己責任ですよね。電子機器などの発達でヨット単独太平洋横断も以前よりは難易度が下がりました。それでも立派な冒険、自己満足の世界です。クジラにぶつかり救援を依頼した半芸能人がいましたが、せめて救助に要した費用くらいは国庫に返還してもらいたいと思いました。おかしいですか?

左京の今週おすすめは下の2サイト!

結局、邪魔になってるだけの古いPC,うっぱらっちゃいましょう!

新年気分転換、デスク回り、スカッとしませんか、汚いオフィスにはお金さん来ないそうですよ<笑>だから?

私のところに来ない<笑>

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-夢実現情報サイト

© 2024 にこにこ亭・夕焼け小焼け Powered by AFFINGER5