弾き語り

弾き語りってご存じですか!何かの楽器を弾きながら歌うのを弾き語りと言います、昔、飲み屋さんにギターを持って一曲如何ですかと現れた「流しさん」も弾き語りですし、レイチャールスなどがピアノを弾きながら歌うのも弾き語りと言います。

おまけに言うとよく聞く「アカペラ」ってなんだかわかりますか?楽器の伴奏なく唄う事を言います、語源は「ア・カペラ」イタリア語で簡素な教会音楽、すなわち声だけで歌うという音楽を指します。

さて本題に戻りましょう、「カラオケは自信あるけど楽器はね」と言う方、沢山います。ちょっとおしゃれしてみませんか!

カラオケのない場所にポツンとギターが・・・ほらっ出番ですよ! ポロンポロンとつま弾きながら得意の曲を歌う!

その時点からあなたはスターです<笑> ではご案内を始めますね。

著者=音楽家です、大学専攻は声楽と作曲、若い頃はアチコチで演奏や歌手の伴奏をピアノやエレクトーンでしていました、仕事も音楽なら趣味も音楽で一時、ギターも数本、ウクレレ、バンジョー、アルトサックス、エレキギター、キーボードなど所狭しと並んでいました。

 今更音楽!と思われる方、音楽をそんなに難しく考えないで楽しんでください。それには弾き語りが一番、メロディー部分は唄えばいいんです、伴奏部分だけコードをポロンポロンとならせば弾き語り完成です、楽しいですよ!

コードなんて知らない!大丈夫です、ほとんどの曲の基本は3つのコードから成り立っていますので3つだけ覚えて下さい。ギターやウクレレで説明しますね(ピアノも同じですが)Cというコード、Fというコード、G7というコードの3つ。

どうやればいいの?

楽器屋さんに「コードブック」って本が売ってるし、インターネットでもやり方探せるから。指の立て方とか弾き方とかうるさい事も書いてあるけど無視して鳴らしてみましょう。この3つのコードで弾き語りできる曲が多いのはフォークソングとかハワイアン、歌謡曲くらいかな。あれこんなコード知らないって出てきたらコードブックから探し覚えていくと沢山のコードを自然に覚えますよ!

私が講演で初めに言う言葉

算数は数学、国語は国文学、みんなまなぶという字が付きますが音楽だけは学と言う字ではなく楽という字を使いますね、だから音楽は楽しめばいいんですと!

貴方のモテモテのお顔を想像しながら・・・See you!


 私のサイトも全て利用させて頂いております、早くて親切だと私は思っています!


 ここに契約し上のサイトからドメインを購入しブログやホームページを・・・親切で満足しています。

© 2021 にこにこ亭・夕焼け小焼け Powered by AFFINGER5